2008年3月アーカイブ

 前回のエントリーからずっと惚けて過ごしていました...。

 ...と、いうことはありませんが、ぽぽ、じゃなかった、ほぼそんな状態でした...。あと、別のトコ...ま、ぶっちゃけmixiなんですけど、そっちに約1週間くらいかけててれてれレポを書いていたら、途中でPIW福岡公演決定!の情報が入ってきて、もう大変、あまりの嬉しさに考えていた文章が全部ふっとんでしまいました...。

▼プリンスアイスワールド|e+(イープラス)

 勢いでプリンスアイスワールド友の会にも入っちゃったよ...。先行予約には間に合いませんでしたが、入るかどうか迷っていたので、丁度良いきっかけになりました。

 あぁ~嬉しいな~楽しみだな~。地元で荒川さんが観られるなんて!国際センターでPIWが観られるなんて!

 広島の後、『FRaU』や『がんばった大賞』や『読売ウイークリー』や世界選手権など、荒川さんをタノシむ話題はいっぱいあったのに、全然更新出来てないや...。

 遅くなりましたが、これから少しずつ感想とか書いていきます。

 あ、明日の『ソロモン流』がものすっごく楽しみですね。公式サイトのメッセージによると約3ヶ月も密着取材していたそうで。色々な荒川さんの表情が見られそうな内容の濃い番組になりそうで非常に楽しみです。
 予告によると、あの、あの、あの、バーテンダー姿も見られそうな雰囲気...。番組中気絶するかも。荒川さんが素敵すぎて。

3月30日(日) 22:06 ソロモン流[テレビ東京系]
 銀盤の女王・荒川静香に密着フィギュア舞台裏...里帰り...休日▽美味三昧&高橋大輔と(秘)デート

 ..."デート"って表現はやめて下さい...orz

一瞬の...

コメント(0) トラックバック(0) Twitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録

 2XXX年。温暖化により、地球上の多くの氷が溶け地表はほんどが海に覆われた。しかしその後、突然の氷河期におそわれ、海は凍り地表のほとんどは氷となってしまった。  そんな環境となってしまった地球のとある場所に、スケート靴を着用し氷上で生活する人々が住む街があった。それがスケーターズタウンである。

 ......という設定で始まる(←うそ)プリンスアイスワールド(以下・PIW)、3月8日に観て来ました。  前回のエントリーにも書きましたが、荒川さんご出演のPIWは初めてなので、いかにも初心者らしいマヌケなドタバタした気持ちが書かれているかもしれません。いや、書かれています。...先輩方ごめんなさい。
 ここでは荒川さんのことばっかり書いてますが、ちゃんと全編楽しんでます。そのレポは他で書く予定なのでここでは割愛させていただきます。

 余談、この日赤いホークスの帽子をかぶって行ったのですが、いつもかぶってるので(普段使い出来るカジュアルなタイプなのです)何とも思っていなかったのですけど、考えたら広島で赤い帽子といえば......。  しかもこの日はヤフードームでホークス対カープやってるし。パとセだけど、今日に限って思いきり敵同士じゃないですか...この帽子のせいで周囲の人にイヤな思いを撒き散らしていたらどうしょうとビクビク。

 話をPIWに戻しまして、11時の回。席はEX。会場に着き、自分の席をチケットと照らし合わせながら確認した時、本当にここが自分の席なのか、自分がここに座っていいのかと何度も何度も確認しました。
 だって、視界を遮るものが何もない、目の前にはリンクだけ。

 今、目の前に存在するのは、私とリンク。ここに荒川さんが出てきたときは、私とリンクと荒川さんだけの世界じゃないですか!(妄)
 ...手が震えました。

 目の前で世界を紡ぎ上げてゆく荒川さんは、メディアを通して観るよりもはるかに美しく...。髪の先から足の先まで、全て美しい。柔らかで、しなやかで、いとも簡単に当たり前のように(見えるように)氷を操り、物語を進めてゆく。
 彼女が残していった風ですら愛しいではありませんか...。

 COIでも近いと思って(7列目でした)興奮したものですが、ここはそれどころじゃない!
 何の妨げもなく荒川さんが見られるのですから!文字通り目の前で!

 スパイラル(?)でこちらの席側にスーッ(スーッって音もしない!←いやもうテンパってて聞こえないのかも)と来て、目が合い(妄)Sっぽい表情で"フッ"と微笑まれたとき、スポーンと頭が真っ白になりました...。この瞬間、少し魂を抜かれたのです。

 わわわわわ、ライヴで、目の前であの表情を観てしまった。あああああああ。

 なんかもう大興奮のままコラボ終了。

●●●
 じゅんじゅんの話。
 じゅんじゅんとタカヨちゃんの対決で、メタボだのなんだのとじゅんじゅんとタカヨちゃんが言い合いしていて、タカヨちゃんが
「何よ!そのうすっぺらい体」
 みたい事を言った後、じゅんじゅんが
「小さくても機能満載なんだから!」
 と胸を張って応えた時、なんかちょっとドキドキしてしまいました!ごめんなさいごめんなさい。  けっこう強烈なヒトコトでした(笑)。
 じゅんじゅんかわいいなあ~~。
●●●
 第二部。興奮をひきずっているために、終わりに近付くにつれ荒川さんの出番が近づきつつあると思うと緊張してきました。最近の荒川さんは何を演るのか分からないだけになおさら。カーテンの隙間からドライアイスが出てきたとき、バタフライキター!と心の中で叫んでました。

 何も遮るもののない視界に、天女が舞う。天女の作り出す風を受けてうっとりしていると、またしても目が合い(妄)またしてもSな表情で"フッ"と微笑まれました!そして、またしても少し魂を抜かれました。あーーー...。
 これで3分の2、抜かれました。あと3分の1です。完全に抜かれるまであと少し...。

 バタフライ...美しい。ココロをトリコにする、惑わせるような妖艶な動き。

 ここまであまり反応のなかった隣のおじさまもオオヨロコビしてました(←てか、あからさまに荒川さん目当てだったようで...)。

 フィナーレも終わり、いよいよプレゼントお渡しタイム...。先に渡したいものがあったので、花束は15時の回で渡すことにしていました。
 荒川さんへの花束や貢ぎ物、すごい量。常に手にいっぱい持っているので、これ以上持てるのかと心配しつつ、渡す。
 渡して、荒川さんへお話して、そしたら、話してる間ちゃんと真正面でちゃん聞いてくれて、ニコっと笑ってくれて、お返事してもらって、握手してもらって...。

 緊張しながらも、予定していたことがちゃんと出来た上、荒川さんと会えたことが嬉しくて嬉しくて嬉しくて。
 しかも、演技中のSな雰囲気と違って、優しい雰囲気がにじみ出てて。
 私が荒川さんを好きな理由の一つに、荒川さんの多面性があるのですけど、まさにこの多面性をこの約3時間でしかもすぐ目の前で一度に体感できて。
 来て良かったあ!!!(かなり無理しましたけど(汗))

 ここで全ての魂が抜かれてしまったのですが、それを実感するのはもう少し後です...。

 11時の回終了後、特に馴れ合う相手もいないのでアムなんとかラインの駅の近くにあったコンビニでつまみと発泡酒を買い、会場前の広場で一人飲んでました。美しい滑りと、フッという表情と、優しい表情を思い出しながら。

 15時の回。席はSS。ほんの一列違うだけなのに、やっぱりEXとは違う。EXは中毒席ですね...。
 11時の回で完全にヘンな熱に浮かされたせいか、大しておさいふに入ってないくせに3,000円の花束を買ってしまっていました......orz
 これも全て荒川さんが美しいからですよ!

 この回、お隣に座っていたご婦人2人組が全編楽しそうに観ていました。
 の、ですが休憩時間に
「静香ちゃんはもう出ないのかねえ?」(「静香ちゃん」って言い方がかわいかった)
 と不安そうに聞かれました。
「もう一度、最後の方で出ますよ~」
 と答えると安心していた様子です。

 ご婦人2人組はプレゼントお渡しタイムの際、私が持っている花束を観て、ちゃんと荒川さんに渡せるといいね、と心配してくれました。本人達は後ろの方から、
「あなた本当にべっぴんさんねえ!とてもキレイよ~!」
 と、一生懸命声をかけていましたた。ステキなご婦人2人組でした。

 花束を渡し、感想をのべ、にっこり微笑んでもらって、握手してもらって、15時の回も無事終了。

 会場を出る人たちの感想に聞き耳たてていたら、やはり男女問わず
「やっぱりキレイねえ」
「ステキねえ」
 とうっとりした様子で述べあっていました。
 なかには男性で
「髪が短いほうがカワイイ」
 といってる方もいました。

 外に出て出待ち。人生初めての出待ち(笑)。
(どんだけ最後まで見たいんだよ!どんだけ好きなんだよ!)
 出口に近そうな場所にもうファンの方が何人かいたので、出待ちポイントがすぐ分かりました。
 30分くらい待っていると、荒川さんとじゅんじゅんが出てきて、中型タクシーの後部座席に2人で乗って会場を離れていきました。
 荒川さんとじゅんじゅんは、最後までタクシーの中から手を振ってくれました。

 ああ荒川さんが去ってゆく。ああありがとうPIW......。

 帰り、駅で第三のビールとおつまみを買い、新幹線に乗り込む。飲みながら、色々思い出しながら、たまにW-ZERO3 Ad[es]で撮ったブレブレの画像を観ながら、今日の出来事を反芻する。

 危険な時間ですね、これは。色々都合よく脚色されちゃうんです、思い出に。

 でも、今回ばかりは脚色の必要がない位、素晴らしすぎる思い出ばかりです。

 握手してもらっている時の事を、ゆっくり思い出してました。
 あらためて、なんて美しい人なのだろう?輝く瞳、今流行の(?)つやつやした唇...全てがキラキラと輝いていました。

 正面で、話を聞いてもらって、握手をしてもらっている一瞬は、ひとりじめしていたんだなあ...。
 ほんの、一瞬だけど、とても幸せな時間だったなあ...。
(この一瞬が録画できたらいいのに。電脳化してたらなあ)

 美しさの記憶が強烈にやきついて、はなれない。優しい雰囲気が忘れられない。手を洗わない、なんてことはもちろん無理だけど、握手してもらったやわらかな手の感触が忘れられない。

 ここで気づいたのです。

あーーー!
私、魂抜かれてるやん!!!!!!!!

 これを書いてる間も変です。変なのです。握手をしてもらって、何か世界が変わった気がするのです。

 福岡に戻って、友人と飲んでいたのですが、友人
「昨日、キンスマでやってたんですけど、くすり指の根元に線がある人は貢いじゃうタイプらしいですよ...って、クロサズカ(仮)さんてば線クッキリ!!!!!ぎゃははははははは!!!!!!」

 ......もっと荒川さんに貢げるように(会場に足を運ぶという意味も含む)なるためにはどうすべきか?週明け、お仕事をしながら考えます。


 でも現実に戻りきれず、会社に行くのがコワヒ・・・・・・orz

女神様への貢ぎ物

コメント(0) トラックバック(0) Twitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録

 姫とか、女王様とか......荒川さんを表す呼び名はファンの方それぞれあるようですが、私は『女神』と表させていただいています。ピンと背筋を伸ばしている姿や、堂々と滑る姿が神々しい。

 2006年大晦日にフジ系で放送されたアイスショー(なんでしたっけ?全日本選手権のエキシビ?)のエンディングで、まるで未来を見渡すかのように先頭を切って滑る姿が強く印象に残りました。

 その後、サイバーバタフライのあのドレスでさらに女神度up。さらに、手のマジックテープが吹っ飛んだ影響か、羽になるタイプではなく最初から布を腕に付けてるタイプに変わって(言葉じゃうまく表現出来ない...後期サイバタと言うべきか)、さらにひらひらと女神度up。

 心を奪われっぱなしです。彼女が風を切ってゆく度に虜になってゆく。

 さてその女神様へ、週末の広島公演の際、貢ぎ物をしたいのですが何にしよう?みんな何を貢いでるんだろう...?

 ワタクシ、恥ずかしながら、荒川さんが出演されるPIWは今回初めてなので、色々不安がいっぱいでございます。。。

(ちなみにPIW自体は2回ほど行ったことがあります。当時の職場でチケットをもらったので。伊藤みどりさんご出演の頃)

 貢ぎたい......(笑)。
 もっと貢げるように、荒川さん出演のショーに足繁く通って貢献出来るように、がんばりたいでございます。

 1日、長野で行われた『長野メモリアル・オン・アイス2008』のネット記事。ぺたぺた。

▼長野五輪10周年のアイスショー 荒川ら3500人を魅了

▼荒川選手が女王の舞 長野五輪10周年でアイスショー

 プログラムは『Fly me to the moon』と『Nessun Dorma』だったそうです。記事の画像は衣裳的に『Fly me to the moon』でしょうね。たぶん。

 『Fly me to the moon』は『Friends On Ice』で滑っていた様子を動画投稿サイトで観たことがあります。まるで氷を操る、あるいは氷とダンスしているような、自由自在の軽快なステップで、これはライヴで観たいなあと思っているプログラムのうちの一つです。

 今週末はいよいよ広島です。何を滑ってくれるんでしょうか。とても楽しみです。てか、一週間を切ってから緊張と興奮でなかなか眠れません...(笑)。




feed


アラカワシズカ ノ タノシミカタ

『ソロモン流』が楽しみですなぁ~
2008年3月29日 17:59
一瞬の...
2008年3月10日 01:35
女神様への貢ぎ物
2008年3月 4日 00:02

もっと見てみる▼