2位から日本シリーズで優勝するということ

 2位からの、日本シリーズ優勝。本当に本当におめでとうございます!
 クライマックスシリーズ(以下「CS」)のファーストステージからですし、そして日本シリーズの初戦は引き分けでしたからね。
 優勝迄の道のりは長いし、苦しかったと感じました。
 ......胃が持ちません(緊張と呑みすぎで)。

 実はわたくし......本当に申し訳ないのですが、今シーズンはけが、不調の選手が多かったため、序盤位で「今年の秋はのんびり過ごせそう」などと思っていました(すみません)。
 早々に優勝争いから離脱して、人が少なくなった終盤のドームでのんびり試合を観ようとか、CSや日本シリーズまでヒヤヒヤしなくていいのねとか(すみませんすみません)。

 とんでもない間違いでした!!!!
 それどころか例年以上にヒヤヒヤしたわ!!!!

 本当に失礼な事を考えていたと思います。
 本当に申し訳ありません。
 日本シリーズ優勝を諦めない闘い、熱く美しかったです。
 素晴らしい結末で、本当に良かった......(号泣)。

 でもあくまでもホークスは2位なのです。
 優勝したライオンズもカープも優勝したチームらしく強かったです。
 工藤監督がコメントした通り、紙一重の勝負でしたよね(画面越しに私の胃が敏感に感じ取っていました)。

 散々、他のチームにやられてきた「パ1位なのに日本シリーズ出られない」こと。
 CSに出場するからには、勝って欲しいと必死で応援したものの、逆にやり返してみたら、こんなに辛いとは。この複雑な気持ち、ホークスファンなら分かると思います。

 だからこそ、来年からはまたリーグ優勝して日本シリーズ出て欲しい。

 平成最後のシーズンは、印象に残るシーズンとなりました。

 辛い過去は乗り越えた。
 さあ、新しい時代へ。

20181105_fts01.jpg

前へ

中国中車すごい