実録・あなたの知らない歌謡ショー

 4月21日、親不孝通りの御縁屋で行われた歌謡ショー『エロチック・ドゥの夢は夜ひらく』へ行って参りました。
 初めて行く場所での、初めて観る歌手のショー。そこでは、私の知らなかった世界が混沌と渦を巻いてました......。
 しかし、それはとても素晴らしく、心地良かったです。

御縁屋

 この歌謡ショーの出演者は、エルナ・フェラガ~モさんと渚ようこさん。最初に男装の麗人に扮したエルナさんが登場。ボサノバや海外のスタンダードナンバーを日本語カバーで歌い上げてゆきます。途中、衣装替えをしたり、小道具を使ったり、ギターを弾き語りしたりと色々な方法で魅せてくれます。
 何の曲だったかは忘れてしまいましたが、唇からこぼれる吐息のような歌声の艶やかさに頭がのぼせてしまい、鼻血ブーになりそうでした。

 そんな中、特に印象に残った曲は『回転レストラン』。内容も雰囲気も昭和チックで、好きになりました。
 エルナさんが実際にステージで飲み、歌まで作って応援している『コアップガラナ』を覚えました。ウチのかーちゃん(北海道出身)は、北海屋のガラナエール派だったそうですが、コアップガラナもすすめてみたいと思います。

 衣装についてですが、先に書いた通りオープニングでは"男装の麗人"でしたが、スーツをバッと脱ぎ捨ててドレス姿になり、最後にはリオのカーニバルのような特大セクスィー衣装になってました......。
 ちなみに御縁屋の構造や演出の関係上、一度屋外に出る必要があるようで、その衣装を通行人に目撃されていたようです......。

 エルナさんのショーの後、休憩をはさんで渚ようこさんのステージの始まりです。客席後方から登場した渚さんが歌いながら、すぐ目の前を通ります。

 ―― 線が綺麗なひとだなあ~
 ―― 声が綺麗なひとだなあ~~

 ......見とれました。目がハートになっていたと思います。
 しかしこの後、お人形のような可愛らしい姿の躍り子・チャーマァ&竹部さん(デリシャスウィートス)と共に、次から次へと繰り出されるパワフルで特濃なステージに、白目に変わっていったと思います(イメージ)。

 歌謡ショー。
 これまで行った経験はありません。テレビで懐メロ番組やそこで流れる昔のVTRなどを見て、「"歌謡ショー"ってこんな感じかな」と、自分なりのイメージを形成していました。
 今回このショーに来てみて、エルナさんも私のイメージしていた"歌謡ショー"だったし、渚さんもガッツリ、"歌謡ショー"でした。
 まるで答えあわせで正解したように気分になり、そのため、より、このショーに入り込んでいくことが出来ました。

 渚さんのステージで一番印象に残ったのは『カモネギ音頭』。ちょっと悪い(?) クラブのママの歌をサラリとおしゃれに歌います。ぐるぐるぐるぐるパッとか、かもの形を現す腕とかサラリと振り付けが入ってるのも好きです。
 『実録・スケバン小唄』では、曲中のセリフを私の席の二つ隣の女の子が言われてるのを見て(ウラヤマシイ)、ゾクゾクゾクゾクゾクゾクゾソクして、やっぱりここでも鼻血ブーになりそうでした。目線とかね、ホント、カッコいいんですよ!!!
 その他、『ディープ・パープルはどこ?』のカッ飛ばしっぷりとか、とにかく全てにおいて、かっこよかった!と言う印象でした。
 これこそ、私の観たかった歌謡世界ではないのか、と思うのです。でも歌謡世界とは言っても、それは懐古的なものではなく、別の何かなのです。新しい扉を開いた、と思いました。

ライヴ後の記念撮影ライヴ後に記念撮影(左からエルナさん、渚さん、竹部さん、チャーマァさん)


 さて、私はどうしてこの歌謡ショーにたどりついたのか?実は、本当に偶然だったのです。

 私の趣味の一つに、廃墟の画像をネットで観る、と言うものがあります。それが最近は幅が広がりまして、廃墟・現役に関わらず昭和的デザインの建物を観るのが好きになり、そうなると次はそれらの光景に合う曲(その建物が出来た時代の曲、その建物で流れていたであろう曲)が聴きたくなってきました。
 そんな心境で、色々とネットを検索していたら、たまーたま嬉野観光秘宝館が閉館したニュースがひっかかり、さらに『嬉野観光秘宝館のお葬式』なるイベントが開催されることを知りました。
 ......そのイベントの出演者に"渚ようこ"さんと言う方がいらっしゃる。なんとなくルックスにひかれ、公式サイトを見たりYouTube を観たりしたら、とてもとても魅力的な歌手さんで、
「あーこの人、観てみたいなあ~~」
 とぐじぐじしていたら、渚さんのツイッターに辿り着きました。

 親不孝通りのお店でショーですと??!!!
 行きます行きます!!!!

 ......実際は、行くと決心するまで数日かかりましたが(笑)。

 ショー当日、会場の御縁屋さんは、まさに私がネットで探して、見て、楽しんでいたような、昭和なお店でした。入り口のドア、店内の雰囲気、壁紙、灯り......には、一部LED電球型のミラーボール(多分、こういうの)が付いてたりします。渚さんが客席後方とステージを移動する際、女将さんがスポットライトがわりに懐中電灯で足元を照らしていましたが、その懐中電灯もLED。
 一見、昭和にタイムスリップしたかのように見えて、やっぱり現代だったりするわけです(笑)。

昭和の香り漂う店内一見、昭和へタイムスリップしたようで、やっぱりしてない(笑)


 お客さんの年齢は多分、20代から60代位と幅広く、男女比は......男性が少し多かったかなあ。

素敵な出演者の皆さん それから、エルナさんを最初に観た時は、性別が全く分からなかったのですが、観ているうちに次第にどっちでも良いような気がしてきました。

 ショーが行われたこの空間は、時代も年代も性別も、色々なもの、あらゆるものの境界線を超えた混沌で不思議な空間だったと思います。それらを、本当に心から楽しませていただきました。

 ......タマシイをグッとつかまれるような。これはなんなのでしょうね......?

   

次へ

サンロードにとんこつラーメン屋さん ※追記有